[PR]

 環境省は24日、国内で38年ぶりに野生のカワウソが確認された長崎県の対馬で、本格的な生息調査を28日から始めると発表した。フンや体毛といった痕跡を集めて、生息数や性別を分析し、繁殖の可能性の解明や今後の保護対策の検討に役立てる。

 カワウソは2月に琉球大が設置したカメラで偶然とらえられた。その後の環境省の予備調査で、母親の異なるユーラシアカワウソのオスとメスが1匹ずつ対馬にいる可能性が高いとわかった。

 今回の調査では、約1カ月かけ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら