写真・図版
[PR]

 夏休みも残りわずか。規則正しい生活を取り戻そうと、大人は子どもについ厳しくなりがちです。ただ、子どもたちが元気に休み明けを迎えるためには、大人の声のかけ方こそ大切です。

 日本学校心理学会理事長で、東京成徳大学の石隈(いしくま)利紀教授(学校心理学)は、「旅行へ行ったり、遅く起きたりした日々が終わり、また学校へ行くのは嫌だなと思うのは、正常な反応」という。

 「『いつまで寝ているの?』『宿題、終わってないよ!』と大人が言うのは、自分の不安を子どもにぶつけているのかもしれない」と石隈さん。楽しい夏の思い出すら、つらい記憶になりかねない。

 「夏休み明けは、夏の体験を友だちとシェアする場と考えると、休み明けのハードルがぐっと下がります」と助言するのは、東京都立小児総合医療センターの副院長で、子ども家族支援部門の田中哲部長(児童精神科)。休みの終盤は楽しかったことを思い出し、達成感を味わう時でもあるという。また、運動会や学芸会など、休み明けの行事の話題を通じ、学校へ行く楽しみを見つけるといい。

 たとえ宿題が残っていても、「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら