[PR]

 カジノを含む統合型リゾート(IR)の日本での開業を見据えた動きが早くも活発になっている。政府が今月から始めた公聴会では、カジノ解禁に批判的な意見も相次いだが、一方でカジノディーラーの養成校の生徒は急増。海外のIR事業者も日本人の採用に乗り出している。

 大阪市内の貸し会議室に、ルーレットやブラックジャックの台が並ぶ。

 全国でも珍しいカジノディーラーの養成校「日本カジノスクール」(東京都新宿区)の体験入学会が7月23日に開かれた。男女10人が参加し、ルーレット台の上で、ぎこちない手つきでチップを運ぶ練習をした。

 参加した兵庫県加古川市の会社員西村菜月(なつき)さん(31)は、得意な英語を生かせる仕事として、ディーラーに興味を持った。今なら「人より一歩先を行ける」と入学を検討している。

 スクールの今年4月の入学者は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら