[PR]

 高知県南国市の水路で23日、北米原産の肉食魚「アリゲーターガー」を高校生が釣り上げた。体長80センチで、24日、高知市の桂浜水族館に引き取られた。

 魚影を見かけた高校生がルアー釣りに挑戦し、見事にゲット。ただ、処分するわけにもいかず、かといって逃がせば生態系を乱すため、水族館に相談した。

 観賞用が捨てられたとみられるが、秋沢志名(しな)副館長(44)は「魚に罪はない」。高知弁で「ありがたいがー」とばかりにガーは水槽で悠然と泳いでいる。