[PR]

 24日午後3時40分ごろ、さいたま市緑区大間木の私立「めだか保育園」で「プールで遊ばせていた子どもが、気がついたら浮かんでいた」と女性保育士(32)から119番通報があった。同市の女児(4)が病院に運ばれ、自発呼吸はあるが意識不明という。

 埼玉県警浦和東署によると、当時園内にあるプールで3~5歳の19人が遊んでおり、別の園児の声で女性保育士(30)が異変に気付くと、女児がうつぶせで水に浮いていたという。プールは縦6メートル、横4・7メートル、深さは70~95センチ。署は、当時の水深などを調べている。