[PR]

 政治団体「日本ファーストの会」代表の若狭勝衆院議員は25日、無所属の松沢成文参院議員、民進党を除籍された長島昭久衆院議員と東京都内で会談した。若狭氏によると、新党結成に向け、基本政策で一致できるかどうか協議を重ねる方針を確認したという。

 若狭氏は会談後、記者団に「基本的な政策の考え方の一致が確認しあえた時点で、(政党要件を満たす国会議員)5人以上であれば新党を立ち上げる。具体的な話は次回(の協議)から詰めていこうということになった」と言及。新党の政治スタンスについて「非自民、非民進の野党」と語ったうえで、民進との連携について「民進の枠にとどまる状態で一緒にやるのは国民に理解してもらえない」と述べた。