[PR]

山井和則・民進党国会対策委員長(発言録)

 (大学設置審で加計学園の獣医学部新設が保留になったことを受け)10月下旬ぐらいに最終判断を下すのではないかということで、ちょうど(衆院)補欠選挙の時期とも重なる。臨時国会の大きなテーマの一つであると同時に、補欠選挙の一つの争点にもなるかもしれない。

 安倍総理の肝いりの加計学園の獣医学部が保留になった以上はしっかり梶山(弘志地方創生)大臣や、林(芳正文部科学)大臣から国民に説明責任を果たしてもらう必要がある。

 安倍総理は内閣改造で「丁寧な説明(を果たす)」と言ったわけですから、正々堂々と国会に来て、自分が肝いりで成長戦略の目玉と言ってきた加計学園がなぜ保留なんだ、ということを国民に説明する責任があると思う。

 100億円、200億円単位の国民の税金が今後使われかねないわけで、国民も関心が高いと思う。普通、目玉政策が一発で認可にならないなんてことはあり得ない。(国会内で記者団に)

こんなニュースも