[PR]

 埼玉県川越市保健所は25日、市内のレストラン「ナポリの食卓 パスタとピッツァ 川越店」を利用した7人が下痢や腹痛などを訴え、7人の便からO(オー)157が検出されたと発表した。うち18~77歳の男女4人が入院中という。

 市保健所によると、11~12日に同店でパスタやピザ、サラダなどを食べた川越など5市の5グループ計13人中7人が発症した。市保健所は、店を経営するボストンハウス(群馬県桐生市)に25日から3日間、同店の営業停止を命じた。