【動画】6カ国語で語るサッカー日本代表GK川島永嗣選手=角野貴之撮影
[PR]

 2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選で、日本は本大会出場に王手をかけて31日の豪州戦(埼玉スタジアム)に臨む。チーム最年長の34歳ながら、誰よりも欧州でもがき続けるGK川島永嗣(メッス)が日本のゴールを死守する。

 突然の抜擢(ばってき)だった。

 3月23日、敵地で行われたW杯アジア最終予選のアラブ首長国連邦(UAE)戦。負ければW杯出場への道が厳しくなる正念場で、川島永嗣(34)に出番が回ってきた。

 W杯2大会連続で正GKを務めたベテランも必死だった。無理もない。代表戦に出場するのは、9カ月ぶり。所属するフランス1部メッスでも当時、リーグ戦には1試合も出ていなかった。

 「代表は一つのミスで大きく変わる」。守備陣を仕切って、最終予選では4試合ぶりに無失点に導く。勝利で試合を締めくくると、涙があふれてきた。

 「自分を信じ続けていたら、こ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら