[PR]

 トランプ米大統領は25日、裁判所の命令を無視して差別的な不法移民の取り締まりを続け、法廷侮辱罪で有罪になったアリゾナ州マリコパ郡のジョー・アルパイオ元保安官(85)に恩赦を与えた。アルパイオ氏はトランプ氏の熱烈な支持者。トランプ氏による恩赦は初めてとなるが、差別主義を擁護するかのような姿勢に批判が出ている。

 アルパイオ氏は強硬な移民排斥論者として知られ、交通取り締まりなどを使って不法移民を検挙し、砂漠に張ったテントに収容してきた。「全米最強の保安官」と言われ、昨年の大統領選でもトランプ氏を支持する演説を行った。

 一方、肌の色などで狙い撃ちする人種差別的な捜査手法や収容所の環境が違憲だと指摘され、連邦地裁に中止を命じられた。だが、取り締まりを続けたため、今年7月に有罪宣告を受け、10月に量刑が言い渡される予定だった。

 ホワイトハウスは25日の発表…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも