[PR]

 真岡鉄道の蒸気機関車「SLもおか号」の乗客が26日、運行開始から23年で90万人に達した。節目の乗車となったのは千葉県柏市の小学5年、平峰璃子(りこ)さん(11)。真岡市の真岡駅ホームで式典が開かれ、記念乗車証などが贈られた。

 1994年3月に運行が始まった。全国的にも珍しい定期運行で、土日曜や祝日に下館(茨城県筑西市)―茂木間を1日1往復。2016年度は132日間運行し、3万6058人が乗車した。東日本大震災の影響で一時運休したが、約2カ月後に復活。のどかな沿線風景の中を走るSLの写真撮影に訪れるファンも多い。

 平峰さんは益子焼の絵付け体験のため、祖母、母、姉、いとこと下館駅から乗車。記念のタスキと運転士の帽子を身につけ、「90万人と聞いてうれしかった」と笑顔を見せていた。

 真岡駅や隣の「SLキューロク…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら