[PR]

 民進党代表選(9月1日投開票)を争う前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官が26日、神戸市と三重県四日市市で討論会などに出席し、支持を訴えた。東京都の小池百合子知事の側近が模索している新党との連携をはじめ、自民党に対抗する野党の枠組みをめぐる両氏の温度差が浮き彫りになった。

 小池氏側近の若狭勝衆院議員は25日、民進を除籍された長島昭久衆院議員らと会談し、連携について協議。若狭氏は今月中旬、民進を離党した細野豪志元環境相とも会って意見を交わしている。

 こうした動きについて、神戸市での討論会後の記者会見で、枝野氏は「現状では与党の補完勢力の可能性が高い」と指摘し、新党との連携に消極的な見解を示した。一方、前原氏は「どのような理念、政策を掲げるかというなかで判断したい」と含みを残した。

 また、共産党との選挙協力につ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも