[PR]

 橋本健・神戸市議(37)=自民=が政務活動費で印刷したとする市政報告をめぐり、印刷代の領収書を出した神戸市内の業者が26日、橋本氏から実際に印刷したように装う口裏合わせを求められた、などとするコメントを新たに出した。

 この業者は24日、「橋本氏から金は受け取っておらず、同氏の指示通りに領収書に記入した」として、市政報告の印刷には関わっていないと主張していた。橋本氏は市政報告の架空発注を否定している。

 業者は新たなコメントで、「想定問答集を作るので、(業者は)その通りに答えるだけでいいです」などと橋本氏から、口裏合わせの要求があったと主張。想定問答がメールで届き、実際には面識のない外注先に発注したと答えるよう求められたという。橋本氏から「大丈夫です。僕が全面的に矢面に立ちます」と強く説得された、としている。

 新たなコメントを出した理由については「これ以上、橋本氏に利用されるのはやめたいという決心からだ」と説明している。

 橋本氏は25日、議会事務局を通じて「(業者の)コメントを精査する時間をいただきたい」との談話を出している。

こんなニュースも