拡大する写真・図版 福岡県警が派遣した「暴排先生」は、高校生たちにヤクザの実態を解説した=福岡県太宰府市

[PR]

 少年をヤクザにしないため、福岡県警が手がける「暴排教室」は今年度、7年目に入った。教員免許を持つ臨時職員の暴排先生が中学や高校に出向き、ヤクザの実態を解説。危険性を認識してもらう取り組みだ。7月末までに延べ約136万人が受講した。

 太宰府市の福岡農業高校では2月、男性講師(63)が3年生(当時)149人を前に講演した。少年がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を通じて暴力団犯罪に巻き込まれた例を挙げ、「非行をせず、誘いを『嫌だ』と断るのが大事」と訴えた。

 啓発に力を注ぐ背景には、少年らが暴力団と接点を持つことや暴力団に親近感を抱くことへの危機意識がある。

 五つの指定暴力団が本拠を置く福岡県の暴力団勢力は、山口組と神戸山口組の本拠がある兵庫県の2倍近くに上る。福岡県警が2015年、中学生以上の非行少年ら348人を対象にした調査では、40人が暴力団と関わりがあると回答。暴力団への印象を複数回答で聞くと、否定的な答えが大半だったが、「お金持ち」が26人、「かっこいい」も16人いた。

 県警のある幹部は「非行少年は先輩がヤクザだったりして身近で、良い車や身なりに憧れもある」と話す。「ただ、入れば下っ端で上納金を求められ、当番で拘束される。簡単に辞められず、逃げてもずっとビクビク生きないといけない。『超ブラック』をブラックに見せないのがヤクザ。継続的に訴え、憧れを消し去らないといけない」