羽田孜(はた・つとむ)元首相が28日午前7時6分、老衰のため自宅で死去した。82歳だった。非自民連立政権の細川護熙内閣を引き継ぎ、1994年に第80代、51人目の首相となったが、少数与党で政権運営に苦しみ2カ月で退陣。その後は新進党や民主党に属し、一貫して「非自民」の立場から政権交代をめざした。

 58年、成城大経済学部を卒業後に小田急バスに入社。父武嗣郎氏を継ぎ、69年衆院選で旧長野2区から自民公認で初当選。小選挙区制導入後は長野3区で当選を重ね、2012年に引退するまで当選14回。

 故田中角栄、故竹下登両元首相に師事。故橋本龍太郎、故小渕恵三両元首相、当選同期の小沢一郎氏らとともに「竹下派七奉行」と呼ばれ、農林水産相や蔵相などを歴任。故金丸信・竹下派会長のヤミ献金問題に端を発した竹下派分裂で小沢氏とともに92年12月、羽田派を結成した。

 93年6月、羽田派は宮沢喜一内閣不信任案に賛成し、新生党を結成。羽田氏は党首となり、衆院選後に誕生した非自民連立の細川政権に参画して副総理兼外相を務めた。

 細川首相退陣後の94年4月、首相に就任したが、社会党が連立から離脱し、少数与党となり、同年6月に内閣不信任案が可決される見通しとなったため総辞職した。首相在任は64日間で、戦後2番目の短命政権だった。

 その後は新進党に参加。小沢氏と対立が深まり、96年12月に太陽党を結成。民政党を経て98年4月に民主党に合流。幹事長や特別代表を務めた。小沢氏の自由党と民主党が03年に合併し、再び行動を共にした。

 温和な人柄を生かした調整型で、金丸氏から「平時の羽田、乱世の小沢」と評された。自民党の頃に小選挙区制導入を唱えて「ミスター政治改革」と呼ばれる一方、小沢氏とのコンビが「二重権力」との批判を浴び、指導力を欠くと指摘されることもあった。

 民主党政権では最高顧問を務め、羽田グループを率いていた。長男の雄一郎氏は民進党参院議員。