[PR]

 ユニクロが妊婦や新生児向けの衣料品に参入した。品ぞろえを広げることで、子育て世代への浸透を図る狙いだ。

 28日には妊婦向けの商品を発売した。レギンス(税抜き1500円)やジーンズ(同3990円)など4商品で、妊婦のおなかに負担をかけないように伸びる素材を使ったり、むくみやすい足に配慮して、裾を広めに設計したりした。

 7月下旬には、新生児向けの肌着(2枚組みで税抜き990円)やよだれかけ(同590円)などを発売した。すでに月齢3カ月以上の赤ちゃんを対象にした肌着などはあるが、さらに品ぞろえを充実させた。

 赤ちゃん向けの衣料では、「西松屋チェーン」や「赤ちゃん本舗」など子供服専門店が強い。ユニクロは妊婦にも商品をアピールし、顧客層を広げる狙いがある。