[PR]

小さないのち みんなで守る

 若年での妊娠・出産が相次ぐ現実を受け、米国には、学業を続けられるよう支援する取り組みがある。生徒は全員、母親か妊婦という米コロラド州の公立高校。生徒たちは子どもを校内の託児所に預け、授業を受けたり、部活に励んだり。そんな「ママさんハイスクール」を記者が訪ねた。

 米西部コロラド州の州都デンバー。フローレンス・クリテントン高校には午前8時、少女たちが赤ちゃんを抱っこしたり、ベビーカーを押したりして登校してくる。生徒たちは赤ちゃんを敷地内の託児所に預け、教室に向かう。

 入学条件は、14~21歳の母親か妊婦であること。同校によると、主に州内から集まった全校生徒220人のうち、75%が母親、25%が妊婦だ。18歳以下が8割を占める。

 クラリサ・ベイルさん(18)もそんな「ティーン・マム(10代の母親)」の一人だ。2年前から、娘のスカイラちゃん(3)を連れて登校する。

 「この学校に出会って、私は変わった」

 妊娠を知ったのは、薬物中毒に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら