【動画】9月2日に開かれる「ラップのど自慢」に向けて練習する出演者たち=酒本友紀子撮影
[PR]

 「おせっかいであったかい。そんな下町の良さをラップで伝えたい」と、「ラップのど自慢」が2日、葛飾区立石1丁目の立石駅通り商店街のアーケードで開かれる。7~72歳の老若男女14組20人が、地元愛や自己紹介をリズミカルに歌い上げる。

 ♪思いやりのあるまっち 誰もがみんな友だっち

 27日、立石諏訪神社の社務所であった最後の練習。製麺業を営む西脇勉さん(72)は、タンバリンでリズムを取りながら声を張り上げた。指導役の渋谷区在住ラッパーのマチーデフさん(36)が「お客さんが乗りやすいようにリズムは一定で」と助言した。

 「生まれも育ちも立石。少し寂…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら