[PR]

 北朝鮮は29日の弾道ミサイル発射に先立ち、日米韓3カ国を混乱させる様々な動きを見せていた。日米韓によるミサイル迎撃の可能性を警戒したとみられる。軍事関係筋によれば、日米韓は29日のミサイルが落下するまで軌道を正確に捉えたといい、結果的に混乱は起きずに終わった。

 北朝鮮軍は今月8日付の声明で、米グアム島周辺への包囲射撃に言及。10日に新型中距離弾道ミサイル「火星(ファソン)12」の飛行時間と射程を公表したのに続き、15日付の労働新聞(電子版)に掲載した写真で、日本海側の新浦(シンポ)付近からグアムに向けた火星12の軌道を紹介した。

 軍事関係筋によれば、事前にミ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら