[PR]

 国土交通省は28日、京都市伏見区の場外離着陸場を目指して飛行していた匠(たくみ)航空(岡山市)のヘリコプター1機が27日夕、燃料不足のため、同区にある京都朝鮮初級学校のグラウンドに着陸したと発表した。けが人はいなかった。

 国交省は、深刻な事故につながりかねない重大インシデントに認定。運輸安全委員会は29日、航空事故調査官2人を現地に派遣し、詳しい原因を調べている。

 国交省によると、ヘリコプターは「ロビンソン式R44型」で、27日午後4時4分、パイロット1人が乗り込み富山県小矢部市の場外離着陸場を離陸。約1時間後、残りの燃料が少なくなったことを示すライトが点灯したため、午後5時15分、同校のグラウンドに着陸した。

 京都朝鮮初級学校によると、27日は夏休み期間中で、校内に児童らはいなかったという。