[PR]

 日産自動車は29日、仏ルノーや中国の東風汽車集団と組み、中国で電気自動車(EV)を共同開発するための新しい合弁会社をつくると発表した。世界最大のEV市場の中国で、現地の需要に合わせた商品開発を3社で効率よく進め、2019年にも生産を始める。

 合弁会社は「eGTニュー・エナジー・オートモーティブ」で、日産、ルノーがそれぞれ25%、東風が50%を出資する。日産やルノーの小型SUV(スポーツ用多目的車)を元に、3社が共通して使えるEVの車台を設計。中国の湖北省にある東風の工場で組み立て、生産コストを減らす。

 中国では政府がEVの奨励策を進めている。日産は14年、現地合弁のブランド「ベヌーシア」でEVを発売したが、17年に入って補助対象から外れ、売れていない。今後は欧米勢や中国勢との競争激化が見込まれ、EVの品ぞろえの強化が急務となっている。

こんなニュースも