[PR]

 総務省消防庁は29日、全国瞬時警報システム(Jアラート)で流した弾道ミサイルの情報について、対象となる12道県(617市町村)のうち、北海道えりも町や青森県鶴田町など7道県の16市町村で防災行政無線などが正しく作動せず、住民に情報が届かなかったと発表した。

 政府はJアラートで発射情報と通過情報の二つを流した。同庁によると、対象地域の全市町村で国からの情報を受信できたが、防災行政無線やメール送信システムで住民に情報を伝える段階で不具合があったという。不具合があったのは、次の自治体。

 【北海道】旭川市、紋別市、奥尻町、当麻町、置戸町、えりも町【青森県】鶴田町【秋田県】鹿角市、大潟村【山形県】新庄市【福島県】会津若松市、湯川村、葛尾村【新潟県】阿賀町【長野県】上松町、坂城町