[PR]

 膵臓(すいぞう)は胃の裏側にあり、画像検査でがんを見つけにくい。自覚症状も乏しく、症状が進んでから見つかるケースが多く、診断後の生存率は他のがんに比べてかなり低い。そこで、かかりつけ医と専門医の連携や血液検査で早期発見しようとする取り組みが始まっている。

超音波で早期発見、0期で手術

 広島県尾道市の女性(62)は、2014年12月、膵がんと診断された。

 大阪で暮らす母親の介護に通い始めた数年前から、揚げ物を食べると気持ちが悪くなることが多かった。介護疲れやストレスだと思ったが、近所のクリニックの超音波検査で「慢性膵炎の疑いがある」と言われた。膵臓の働きが弱まり消化吸収機能が落ちていた。

 紹介されたJA尾道総合病院を受診。超音波の画像診断装置がついた内視鏡検査で膵がんだとわかった。ただし、膵管内に腫瘍(しゅよう)がとどまっており、進行度は最も軽い0期だった。

 2カ月後に手術。がんを切るだけで、抗がん剤は必要なかった。現在も定期的に検査を受け、今のところ再発はない。「早いときに見つかって本当によかった」と、女性は振り返る。

 早期発見できたのは理由がある。尾道地域では、07年にJA尾道総合病院と尾道市医師会が始めた「膵がん早期診断プロジェクト」(尾道プロジェクト)が動いていたからだ。

 仕組みはこうだ。

 診療所などのかかりつけ医が、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら