写真・図版

[PR]

 女児の遺体を乗用車内に遺棄したとして、三重県警は29日、同県四日市市大治田3丁目、ペルー国籍の無職、トクダ・バレロ・フェルナンド・ホセ容疑者(35)を死体遺棄の疑いで逮捕し、30日未明、発表した。容疑を認めているという。県警は、遺体はトクダ容疑者と同居しているブラジル国籍の女性(26)の6歳の娘とみて、調べている。

 四日市南署によると、トクダ容疑者は29日午前、自宅アパートの駐車場に止めた乗用車内に、女児の遺体を遺棄した疑いがある。

 女性が29日、入院先の病院で「内縁の夫が娘を殺したかもしれない」と話し、病院が通報。駆けつけた署員が車後部の荷台部分にあったクーラーボックスの中から、毛布にくるまれた女児を見つけた。署は30日に司法解剖して死因などを調べる。

 女性は、トクダ容疑者が20日に面会に訪れた際に「娘が動かなくなった」と告げられたと説明しているという。

 現場はJR関西線南四日市駅の南方1キロ余りで、住宅や工場が立ち並ぶ地域。