[PR]

 大分空港(大分県国東市)に29日に緊急着陸した米軍の輸送機オスプレイについて、九州防衛局(福岡市)は30日、飛行中にコックピットの警告灯が反応したため急きょ着陸したことを明らかにした。オスプレイは30日午後0時半現在も大分空港に駐機している。

 九州防衛局によると、米軍側は「飛行中に異常を知らせる警告灯がつき、通常の運用手順に従って、近くの大分空港に着陸させた」と説明。同局によると、着陸したオスプレイは「MV22」で、沖縄県の普天間飛行場を拠点に活動する米海兵隊第1海兵航空団の所属。29日は米軍岩国基地(山口県)から普天間飛行場に向かう途中だったという。

 小野寺五典防衛相は30日午前、防衛省内で記者団に対し、オスプレイは点検後に沖縄に向かいたいと報告を受けていると説明。「オスプレイの事故が続いているのでしっかりとした安全の確保をした上で飛行して頂きたい」と述べた。

 大分県によると、オスプレイは29日午後6時半ごろ、大分空港に着陸。けが人はいなかったが、右エンジン付近から煙が出ていたという。

 オスプレイをめぐっては、普天間飛行場配備の1機が今月5日に豪州沖で墜落、海兵隊員3人が死亡する事故が起きている。