[PR]

 誰もが利用しやすいユニバーサルデザイン(UD)のタクシーと、高性能でデザイン性にも優れた電動車いすを組み合わせ、高齢者らに鎌倉や川崎などをめぐるツアーを楽しんでもらうモデル事業が始まる。高齢化社会を踏まえ、足腰が弱ってもスムーズに外出を楽しんでもらうのが目的だ。

 グループでワゴンタイプのUDタクシー20台を持つ川崎タクシー(川崎市川崎区)と、電動車いすを手がけるベンチャー企業ウィル(横浜市鶴見区)が、川崎市や福祉関係者らの協力も得て実施する。ツアーは①鎌倉の名所めぐり(8時間)、②川崎の緑地めぐり(4時間)、③要望に応じたフリー(2時間から)の3コース。利用者が希望のコースを選んで申し込むと、電動車いすを積んだUDタクシーが迎えに来る。

 電動車いすは2種類あり、タイプによって車内に積める台数が異なるため、最大4人までのツアー参加者のうち、車いすが必要な人は1~2人に限られる。歩行に問題がない家族や介助者らの同乗を想定しているという。24日から募集を始めており、ツアーは9月16日から11月30日まで。先着で10組(1組あたり3~4人)。モデル事業が好評であれば、その後に本格実施することも検討する。

 電動車いすの利用も含めた1台あたりのツアー料金は税込みで①3万9830円②2万1750円③1万2710円から。問い合わせは川崎タクシー(044・244・7222)。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら