[PR]

 30日午前10時ごろ、群馬県富岡市の群馬サファリパークから「飼育員の男性がゾウに踏まれた」と消防を通じて110番通報があった。県警富岡署によると、男性は人事交流で来日したインドネシア人の研修生で、ゾウに腰付近を踏まれ、病院に救急搬送された。搬送時、男性の意識はあったという。

 署によると、ゾウは8歳のスマトラゾウで体重は推定2トン。サファリパークによると、男性は29日に来日したばかりで、30日はゾウにえさをやったり、掃除をしたりしていたという。

 群馬サファリパークでは昨年8月、職員の女性がツキノワグマに襲われて亡くなる事故が起きている。