[PR]

 ウェディングドレスメーカー大手のクラウディア(本社・京都)は30日、ディズニー映画に登場するプリンセスをイメージしたウェディングドレスを発表した。11月から全国のホテルや結婚式場、ドレスショップでレンタル予約を受け付ける。

 ウォルト・ディズニー・ジャパンとライセンス契約を結び、ドレスはディズニー公認。東京ディズニーリゾート以外でも公認のドレスが着られるようになる。「美女と野獣」のベル、シンデレラ、白雪姫、「リトル・マーメイド」のアリエル、ラプンツェル、「眠れる森の美女」のオーロラ姫の6人をモチーフにしたデザインは全14種。ディズニーと共同で細部まで世界観にこだわったという。

 ほかに6作品をイメージした新郎用のタキシードなどもある。レンタル価格は、ウェディングドレスが約40万円、タキシードが約10万円を想定する。(植松佳香)