[PR]

 前線や湿った空気の影響を受け、30日午後、関東地方では局地的に激しい雨が降った。気象庁は東京に記録的短時間大雨情報を発表。午後3時20分までの1時間に、東京都練馬区付近で約100ミリの激しい雨が降ったとみられる。

 都が設置した清瀬市の雨量計では、午後3時までの1時間に67ミリを記録した。埼玉県所沢市の雨量計では1時間に73ミリを記録。県と熊谷地方気象台は一時、朝霞市と新座市に土砂災害警戒情報を出して、住民に注意を呼びかけた。