【動画】鹿児島)日本舞踊の魅力伝えるアフリカンダンサー=島崎周撮影
[PR]

 たおやかな日本舞踊の舞を織り交ぜながら、笛や太鼓とともに手作りの紙芝居で語る義経や静御前らの物語に、子どもたちが見入っていた。鹿児島市の橋本里美さん(40)は昨年からほぼ毎月、幼稚園などで日本舞踊を披露している。

 実は、生業としているのはアフリカンダンスだ。繊細な動きが求められ、構成を崩さない日本舞踊とは正反対に、アフリカンダンスは打楽器ジャンベのリズムに合わせ、体全体をダイナミックに動かす踊りだ。

 3歳から日本舞踊を始めた。決まり事が多く、堅苦しさを感じていた。高校卒業後に東京の看護学校へ進学し、ためたお金で興味のあったストリートダンスを習い始めた。「世の中にはいろんなダンスがある」と心が躍った。

 その中で出会ったのがアフリカ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連ニュース