[PR]

 みんなで歌うことで健康促進をはかる「健康歌声サロン」が2日、調布市上石原3丁目の西部公民館であった。昭和30年代に、流行した曲を生伴奏で客全員が店内で歌う「歌声喫茶」にちなんで市が企画。参加した市民は声をそろえ、美しい歌声を会場に響かせた。

 昭和歌謡曲「青い山脈」、ロシア民謡「ともしび」、7月に亡くなった平尾昌晃さん作曲の「瀬戸の花嫁」など。70歳代中心の市民約45人が、横浜市の音楽療法士、広瀬めぐみさん(29)のピアノ伴奏にのせて朗々と歌い上げた。

 参加者はリズムを取るために首を振ったり、体を左右に揺らしたり。一曲歌い終わるごとに拍手が湧いた。両手を使った脳トレや体操を織り交ぜた歌もあり、この日は約1時間半で全18曲を熱唱した。

 歌声喫茶は、新宿にある「灯」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら