[PR]

 日光市の中禅寺湖で5日、観光客約250人がスワンボートでのレースに挑んだ。かつてヨーロッパ諸国の外交官の避暑地として別荘が立ちならび、大正時代はヨットレースが盛んだった中禅寺湖の歴史にちなんだイベント。2007年から日光二荒山神社の「水神祭」の行事の一環として開催されている。

 この日は天候に恵まれ、午前9時の受け付け開始から20分ほどで予定の5レース、100艇分の定員が埋まる人気ぶり。急きょ6レースに増やした。男体山を背景に、ピンクや青など色とりどりのスワンボートが往復300メートルのコースを疾走。観光客はボートのペダルを力いっぱい踏みながら、平地より一足早い奥日光の初秋を満喫していた。(梶山天〈たかし〉)