[PR]

てんでんこ:音楽の力21

 歌手の新沼謙治(にいぬまけんじ)(61)は2011年3月11日、故郷の岩手県大船渡市が津波に襲われるのを、東京都内の病院のテレビで見た。がんで入院中の妻、博江(ひろえ)を看病していた。

 博江と結婚式を挙げたホテル、地元民が歓迎する中を餅まきしながらパレードした大船渡駅前の商店街がのみこまれた。実家は被害を免れたが、親戚や同級生が犠牲になった。

 震災後、多くの芸能人が被災地に入り、避難所を訪れていた。「謙治さんは見舞いに来ないのか」。地元の知人は、姿を見せない新沼をいぶかった。妻の入院を誰にも明かしていなかった。自分たちのことで、傷ついた人たちに追い打ちをかけたくなかった。

 「私のことはいいから」。歌で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら