[PR]

てんでんこ:音楽の力22

 今年7月30日、岩手県陸前高田市の米崎(よねさき)中仮設住宅合唱隊が、市内の集会所で開かれたコンサートに出演した。最後に、新沼謙治(にいぬまけんじ、61)が作詞作曲した「ふるさとは今もかわらず」を、来場者と一緒に歌った。

 歌いながら、目頭を押さえる人もいた。

 大船渡市の南隣にある陸前高田は、東日本大震災で市街地が壊滅的な被害を受けた。合唱隊は、同市米崎町の中学校グラウンドにできた仮設団地の住民約40人が、震災の年の秋に結成した。みんなで大きな声で歌い、仮設暮らしのストレスを発散しようと、隊長を務める金野(こんの)ミエ子(こ、69)らが呼びかけた。

 2013年1月、「NHKのど自慢」が大船渡に来た時、ゲスト歌手は新沼だった。金野らも予選会に臨んだが、落選した。翌日、仮設団地を新沼が訪ね、「合唱の伴奏に使って」と、電子キーボードを寄付してくれた。

 金野自身は昨年6月に自宅を再…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら