[PR]

 練馬と言えば、大根。約1メートルの長さで、真ん中が太い練馬大根は、江戸時代から第2次世界大戦のころまで盛んに生産された。水分が少ないため、たくあん作りに向いており、戦中は保存食として、特に多く漬けられていた。

 現在の練馬春日町駅(東京都練馬区)の周辺は当時、漬物会社が並び、大根が4千本以上入るような大だるでたくあんを作っていた。しかし、戦後はたくあんの需要が少なくなり、病気も発生。大根の生産量が減り、漬物会社も次第に消えた。

 大根畑は住宅地に変わったが、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも