写真・図版
[PR]

 酒好きの私。「飲み過ぎはダメ」「休肝日をつくって」と注意されることもよくあります。お酒とほどほどに付き合うには、どうすればよいのでしょうか。

 酒は百薬の長とも言われ、少量なら全く飲まない人よりも死亡のリスクが低くなるというデータがある。でも飲み過ぎると、アルコールを分解する役割がある肝臓だけでなく、消化器や循環器、脳神経など、全身の病気につながる。

 厚生労働省がまとめた資料によると、男性では1日平均のアルコール摂取量が20グラムを超えるとリスクが上がってくる。このラインまでが「適量」だ。分解速度の遅い女性ではおおむね、男性の半分を目安にすればいいとされている。

 大切なのは、どれだけのアルコ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら