[PR]

 細胞生物学者の永田和宏・京都産業大教授(70)が7月末、国際的に権威のあるハンス・ノイラート賞を受賞した。たんぱく質の研究における長年の貢献が認められた。宮中歌会始や朝日歌壇の選者を務めるなど歌人としても知られる永田さんに、生物学者としてのこれまでの歩みや、細胞の神秘について語ってもらった。

 ――たんぱく質とは、何ですか

 僕はこう言っています。生命の営みの担い手であり、私たちの体を作る一番大事な物質だと。アミノ酸という分子がDNAの配列に従って「ひも」のように並んだものが「ポリペプチド」。これが必要な場所に運ばれ、正しく折りたたまれて立体的な構造をとったのがたんぱく質です。

 数字で話しましょう。細胞の大きさは1ミリの100分の1くらい。そこに80億個ほどのたんぱく質が詰まっています。1個の細胞の中で、1秒間に数万個のたんぱく質が作られては壊されている。しかし、数万種類もあるたんぱく質は、たった20種類のアミノ酸の組み合わされてできたものです。驚きでしょう。

 ――学生時代は生物学とは無縁だったそうですね

 物理学科の落ちこぼれでした。京都大で湯川秀樹の講義を聴いた最後の世代です。企業の研究所に就職して、そこで細胞の研究のおもしろさに目覚めて、29歳で大学に戻りました。

 ――若い頃の業績に「HSP47」という熱に反応するたんぱく質の発見があります

 30代の頃、米国でコラーゲンを研究している時、偶然に見つけたのがHSP47でした。ゆで卵が典型ですが、熱するとたんぱく質は変性し、それが凝集すると細胞は死んでしまいます。でも同時に、熱に反応して働き出して、凝集した他のたんぱく質を直そうとするたんぱく質もあるんです。ただ、当時はほとんど知られておらず、正体をつかむまで数カ月苦悶(くもん)しました。

 ――今の研究テーマ「たんぱく質の品質管理」とは

 折りたたみに失敗したたんぱく…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら