[PR]

 群馬、埼玉両県の総菜店で買ったポテトサラダを食べた人が、腸管出血性大腸菌O157に相次いで感染し発症した問題が起きてから約1カ月。感染が確認され、入院した患者は全員快復し、既に退院しており、営業を自粛していた総菜店は営業を再開した。しかし、いまだ感染源の特定には至っていない。

 この問題では、総菜店「でりしゃす」の六供店(前橋市)と籠原店(埼玉県)が保健所から各3日間の営業停止処分を受け、2店を含む系列全17店舗が8月下旬から自主休業していた。保健所が店に検査し、衛生管理状態を確認した結果、営業再開に問題ないと判断した。

 17店舗は7日、2週間ぶりに営業を再開。全店で厨房(ちゅうぼう)は改修工事され、専用調理室も新設された。サラダ類はパック詰めで販売し、量り売りされる総菜のトングやスプーンは、使うたびに回収ボックスに入れてもらうようにした。アルコール消毒液の設置場所も増やした。

 客からは早い再開を望む声や「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く