[PR]

 中学生から20代の社会人・大学生らまで、学校も職業も様々な若い世代でつくる混声合唱団「倉吉ユースクワイア“にじ”」が18日に倉吉未来中心大ホールでミュージカル公演をする。演目は、ポップグループABBA(アバ)のヒット曲で彩られた名作「マンマ・ミーア!」。団員たち18人が演出に意見を出し合い、衣装や小道具を持ち寄って作り上げたステージだ。

 “にじ”の結成は2015年。合唱だけでなく、団員たちが独唱や朗読を披露する演奏会も開き、ミュージカル公演は16年3月の「ライオンキング」に続き2度目になる。

 総監督で指揮者も務める高校教諭の小谷弘幸さん(38)によると、県中部では小学校など幼少期の合唱活動や一般合唱団が活発で、合唱が盛んな土壌がある。中高に合唱の環境がない生徒も合唱ができる場を増やし、小学生と大人世代をつなぐ10~20代の合唱活動を活性化して、県中部や県全体の音楽文化を盛り上げようと結成したという。小谷さんは“にじ”結成の前にも、顧問をしていた高校の合唱部の定期演奏会でミュージカルをした経験がある。「一口に歌といってもいろいろ表現方法があるので、可能性を秘めた若い時にいろいろ体験してもらいたい」と話す。

 その当時のミュージカルに賛助…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら