[PR]

 アイヌ語の「ペッ・ポ」(川の子)が語源という別保駅で降り、釧路町役場に向かうと「ガッホくん」が出迎えてくれた。同町発祥という冬場のスポーツ「長ぐつアイスホッケー」にちなんだご当地ゆるキャラで、町の鳥「エゾフクロウ」がモチーフ。担当者によると「一生懸命やっている人を応援する『永遠の11歳』」なのだとか。

 大きな瞳が愛らしい。ヘルメットをかぶってスティックを持ち、ひざ当てまでしているが、長ぐつアイスホッケーは一度もやったことがないという。昨年、体の色を少し明るくして、さらに可愛らしくなった。

 冬は雪に閉ざされる釧路町。「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも