[PR]

 振り込め詐欺の発生件数と被害額が県下ワーストの草加署は、草加市とタッグを組み、市民に向けた緊急メッセージを発した。9日には市民による統一行動日を設定、市民や署員ら約550人が市内1万世帯を回り注意喚起を呼びかけた。

 草加署によると、管内の振り込め詐欺被害は8日までに58件発生。被害総額は1億7200万円にのぼった。件数、被害額ともに県下ワーストだ。同署の管内には八潮市もあるが、58件中48件が草加市に集中している。宮沢弘署長は「草加市が狙われていると言わざるを得ない。市民のみなさんに警告を繰り返しお伝えしたい」。

 被害者に共通するのは「まさか」だという。「まさか私の家に」「まさか私が詐欺に遭うとは」。ふだんから振り込め詐欺を気にしながらの「まさか」だ。手口が巧妙化しているという。

 最近急増しているのが「有名百…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら