写真・図版

[PR]

 幼い子どもが長い時間を過ごす家庭内は、思わぬ事故の発生場所になることがあります。「誤飲」もその一つで、成長に合わせた予防策が大切です。

 手に届く物を手当たり次第に口に運ぶようになるのは、生後5カ月ごろから。でも、食べ物かどうかは、まだ判断できない。厚生労働省がまとめた全国8医療施設の小児科からの報告(2015年度)によると、生後0~5カ月の誤飲は全体の1%。しかし、6~11カ月には急増して27・3%にのぼる。

 誤飲の事故例で多い「たばこ」は、5カ月ごろから増える。はいはいを始めたら、床に落ちた小物やごみも要注意。1歳半ごろからは、足場を使ったり、容器のふたや包装を開けたりするため、誤飲の対象はさらに広がる。

 子どもの事故防止に取り組む「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら