[PR]

(19日、大相撲秋場所10日目)

 阿武咲が優勝争いから後退する3敗目。得意は突き押しだが、この日は琴奨菊十分の左四つでの相撲に。胸を合わせられると、地力は元大関が上。じわじわ寄られ、最後は右から突き落とされた。横綱、大関を撃破して前半戦の主役だった21歳は、「まあ、明日っすね。思い切って行きたいと思います」と話した。