[PR]

 埼玉、群馬両県の総菜店で購入した総菜を食べた人らが腸管出血性大腸菌O(オー)157に感染した問題で、9月に入り、女児が亡くなっていたことが分かりました。O157の食中毒は外食で起きているケースが多いですが、家庭で感染する危険もあります。食材の買い物や調理、保存など日常生活で気をつけられることはあるのでしょうか。

 O157など腸管出血性大腸菌はもともと牛などの家畜の腸管内にいる。家畜の解体時に食肉に付くだけでなく、家畜の便と一緒に排出されて、水や野菜などが汚染され、人の口に入ってしまう。

 さらに、調理中などに、人間の手を介して菌が食べ物に付くこともあるため、食中毒の原因となる食材は多岐にわたる。内閣府食品安全委員会によると、過去のO157の例では、牛肉やハンバーグ、ローストビーフ、サラダやキャベツ、メロン、白菜漬けなど様々だ。

 「今まで経験したことがない痛み」「おなかがねじれるような尋常じゃない痛み」

 堺市で1996年に起きたO157の食中毒事件では、9千人以上が感染した。

 当時、治療にあたった大阪母子医療センター副院長の位田忍医師によると、センターには、歩けないほどの腹痛を訴える小学生が次々運ばれてきた。

 「他の食中毒と比べても症状が激しいのが特徴。中には一晩で急変し、意識が混濁していくケースもあります」

 O157の潜伏期間は、4~8日。激しい腹痛を伴う水っぽい下痢が頻繁に起こり、血便が出るケースもある。さらに重篤な合併症が起きることも。O157がつくりだす毒素が血流にのって脳や腎臓に運ばれると、脳に障害を引き起こす「脳症」や、腎臓の機能を低下させる「溶血性尿毒症症候群(HUS)」となり、最悪の場合は死に至る。

 位田医師は、速やかな受診を勧める。「乳児の場合は自分で痛みを訴えられない。痛そうにしていたり、血便が出たり、顔色が悪かったりしたら夜間でも必ず受診を」と呼びかける。

 感染した場合、排便を促し、毒素を外に排出する必要があるため、下痢止めの服用は禁物だ。

 同センターで、堺市の集団食中毒の際の患者を分析したところ、便秘がちな子ほど重症化しやすい傾向にあった。位田医師は「日頃から食物繊維をとるなど便通をよくしておけば、重篤な合併症のリスクを下げられる」と話す。

■食中毒、冬でも起こる…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら