前田敦子さん「もうちょっと…」 元グラビアアイドル役

有料記事

聞き手・木村尚貴
[PR]

 AKB48総選挙で1位に輝き、卒業後は女優としてキャリアを積んできた、前田敦子さん。フジ系で10月23日開始の“月9”ドラマ「民衆の敵」では、元グラビアアイドルで市議選に出る小出未亜(こいでみあ)を演じます。過去に「Q10(キュート)」のアンドロイドや「毒島(ぶすじま)ゆり子のせきらら日記」の二股常習者、「もらとりあむタマ子」の実家パラサイトなど、ちょっと変わった役で評判になった前田さんに、そのあたりのことも聞いてみました。

 ――演じる未亜の劇中のキャッチフレーズは「アイドル生まれ、グラビア育ち」。演じてみた感想は?

 未亜ちゃんは自分のごりごりの売り出し方を知っていて頭がいい子なので、うらやましいと思いました。私はAKBの時にキャッチフレーズもなかったですし、どうすればいいか分からなかったので。ここまで開き直ってやれば、私ももうちょっと違うに人気出たかもと思っちゃいますね(笑)。

 ――性格は正反対なキャラだと。

 全然違います。アイドルで培…

この記事は有料記事です。残り2133文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!