[PR]

 売れっ子マンガ家だった父の姿を、大月悠祐子(ゆうこ)さん(43)は覚えていない。記憶にあるのは、パチンコとマージャンに明け暮れ、無一文になって帰ってくる父だ。

 父は1970年代に「ど根性ガエル」を連載した吉沢やすみさん(67)。シャツに張り付いた平面ガエルの「ピョン吉」が巻き起こす人情ギャグマンガは、アニメやドラマにもなった。

 ど根性ガエルの連載が終わると、父はスランプに陥り、ギャンブルにのめり込んだ。負けて帰れば家の壁を蹴って破り、大月さんがあくびをしただけで「なめているのか」と激高した。

 マンガで稼いだお金は底を突き…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら