[PR]

(21日、大相撲秋場所12日目)

 首位を2差で追っていた3人が全滅。自分が負ければ、豪栄道の優勝に早くも王手がかかる。そんな注目の一番にも、松鳳山はあっけらかんとしていた。「重圧? 変わんないっすよ。いつもと」

 立ち合い、大関のほおを右で張った。さらに得意の突っ張りで攻めこんだ。そこから逆襲にあったものの、土俵際、「苦し紛れ」で「たまたま」と言うはたき込みが決まった。

 33歳の精神力がものをいった…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも