【動画】御嶽山噴火災害の行方不明者5人の手がかりを探して小型無人飛行機(ドローン)を飛ばした=山びこの会提供
[PR]

 御嶽山の噴火災害から27日で3年になるのを前に、被災者家族らでつくる「山びこの会」は21日、行方不明者になっている5人の手がかりを探して、立ち入り規制区域内で小型無人飛行機(ドローン)を飛ばし、上空から動画と写真を撮影した。映像の分析には1週間ほどかかる見通しという。

 同会は、火口から約1キロの立ち入り規制をしている地元木曽町から許可を得て、火口約500メートルまで近づき、「八丁ダルミ」周辺の尾根などの写真約800枚と動画約30分を撮影した。同会の5人や王滝村、木曽町の職員を含む計14人が登り、民間の業者がドローンを操縦。地表から5~50メートルの距離で撮影した。

 午前中は風速10~15メートルほどの、人が立っていられないほどの強風だったが、次第に風が弱まり、午前11時40分ごろに行った1回目の試験飛行を含め、午後1時までの間に計5回、ドローンを飛ばした。

 下山後、行方不明の野村亮太さ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら