電通社長「全社員の健康、経営の根幹に」 陳述全文

有料会員記事

[PR]

 労働基準法違反の罪に問われた広告大手・電通(東京)の山本敏博社長(59)は22日、法人の代表として東京簡裁に出廷。最終意見陳述で違法残業事件について謝罪した。全文は次の通り。

     ◇

 当社が労働基準法に違反し、公判で審理されていることについて、私は社長として重大な責任を感じております。以前にも労務問題があり、また労働時間に関する是正勧告を複数回受けていたにもかかわらず、根本的な解決を図ることができず、このような事態を引き起こしてしまったことを深く反省し、心よりおわび申し上げます。

 特に高橋まつりさんの尊い命を失うに至ったことの責任は重大であり、ご本人、ご遺族の方々にあらためておわび申し上げます。また、社会の一員として、企業のあるべき責任を果たせなかったことにより、多大なご迷惑をおかけしたことにつきましてもおわびいたします。

 私は、当社におけるこれまで…

この記事は有料会員記事です。残り805文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら