[PR]

(24日、大相撲秋場所千秋楽)

 決定戦、勝負を決めたのは全身全霊をかけた横綱の立ち合いだった。

 番付上位として東に回った支度部屋、本割の取組で乱れた大銀杏(おおいちょう)を整え直した日馬富士は、弟弟子で十両の照強(てるつよし)を呼んだ。胸を出させて、3度、呼吸を確認した。「よしっ」。そう小さくつぶやいた。急ぐことなく、両ひじのサポーターを着け直し、豪栄道より少し遅れて土俵に向かった。

 八角理事長(元横綱北勝海)は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら